2012/10/05

日本語版Dawnguard&パッチ1.7.11.0.6配信

日本語版Dawnguardとパッチ1.7バージョンがようやく来ましたね。
Hearthfireがおま国!という、大変残念なお知らせもあるのですが……
正直、そっちの方がショックで、日本語版Dawnguardの配信の喜びは、すべて吹き飛んでしまいました。
ひどいです……せっかくアレティノ君を養子にしようと思ってたのに!

ちなみにこれだけ配信を待たされたのだから、さぞかし日本語版のアップデートは大幅に修正があったんだろうなあと思ってワクテカしながらチェックしてみたのですが……
なんだ、日本語版独自の修正点って、TESV.exeとテキスト系のデータしか、ないじゃない。
日本語版の1.5からだといろいろ更新されたように見えるけど、英語版1.7のデータと比較してみると、中身は全部英語版と同じデータです。
いったい日本語版は何が原因でパッチの配信がこんなに遅くなったの……?

Dawnguardもバイナリを比較してみたのですが、「Dawnguard.esm」については英語版も日本語版も一緒っぽいです。
「Dawnguard.bsa」の中身も結局、日本語のStrings系のテキストデータと吹き替えの音声データを含んでいるか、いないか、という違いでしかないのですよねえ。
その差分だけ配信してくれりゃあいいのに。
しかも、ゲームのプロパティを見ると、日本語版独自の別個のDLCとして、英語版とは別にインストールされたことになってるう………(絶句)

…というわけで、Dawnguardを日本語化する時は、わざわざ音声データだけを抜き出さなくても、まるっと日本語版のbsaに差し替えるだけで、特に支障はない感じです。
もっとも英語環境で遊ぶにはStringsファイルの名前を「_English」にする必要があるので、テキストデータだけはbsaから取り出さなくちゃなりませんけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿