2012/12/25

タロス巡礼の旅(3)~ホワイトラン・ヘイムスカーのお宅訪問~

スカイリム全国のタロス像に詣でる巡礼の旅……三回目です。
前回、ブローテッド・マンの洞窟のタロス像に詣でると、すでに辺りは暗くなっていたので、手頃な場所にキャンプして休むことにしました。
……で、無事に夜が明けまして。
三番目のタロス像へと向かう二日目の朝は、ごらんの通り、あいにくの空模様です。
タロス巡礼の旅・二日目の出発
まあ、スカイリムのお天気は変わりやすいですからね。
朝のうちはこんなでも、そのうち、気が向いたら晴れてくれるでしょう。
さて、次の目的地なんですが……今回は、ツンドラ平野地帯を街道沿いに東進して、スカイリム中央の要衝、「ホワイトラン」の街へと向かいます。
タロス巡礼の旅2・順路
ホワイトランにタロス像があるのは、誰でもご存知かと思うので、改めて紹介するまでもないのですが、この巡礼の旅は道中も含めてなんぼの物といいますか、お遍路を楽しむこと自体が目的ですので、わかりきった道程とは思いますが、どうかお付き合いくださいませ。

さて、道中のホワイトランの西一帯に広がるツンドラ地帯は、鹿や狼、サーベルキャットといった野生動物たちの王国で、狩りを楽しむにはもってこいのハンティングスポットです。
また、巨人やマンモス達にとってのパラダイスでもあります。
グレイムーア砦の近くで、遊牧中の巨人さんに会いました。
巨人に挨拶
不思議そうにこっちを見ていますね。こっちも負けずにガン見してますが。
拠点に居る巨人さんは、テリトリーを侵されるのを嫌うので、近づくのは危険ですが、家畜の牛を追って、のんびり散歩している巨人さんは、大事な牛を横取りしたりしない限り、そんなに敵対はしない(?)ような気がします。
スクリーンショットを撮ろうと思って、近くに寄ってじろじろ眺めていたら、巨人さんの髪型や装飾品など、思っていた以上に細部が凝っているのに気が付きました。
巨人さんも、横の鬢の毛はノルドちっくにちゃんと編んでいるんですね。
ずいぶん細かい三つ編みだけど、自分で編んでいるのでしょうか?
意外におしゃれ
リストバンドや腕に巻かれた皮製のアームバンドなども、なかなかオシャレです。
動物の牙か骨を留め金のポイントにして、素敵な飾りにしているんですね。
これだけの物が作れるのなら、相当知能は高そうですし、芸術的センスもありそうです。
むしろ、レイロフ君なんかより、巨人さんの方がよっぽど身だしなみに気を使ってるような気がしました。
巨人さんは耳がとんがってるけど、種族的にはエルフ種から枝分かれした一族なのでしょうか?彼らについて書かれた本って「ツンドラを行く者の歌」以外に何かありましたっけ?
誰か、巨人族について研究したりしてる人はいないのかなあ。
久しぶりに西の監視塔に登ってみました。
西の監視塔にて
こちらの監視塔は、メインクエストのミルムルニル戦以来、特に用もないのでいつも素通りしていましたが、塔のてっぺんからは山と川と平野にバランス良く恵まれたホワイトラン領の景色が一望できます。監視塔というだけあって、眺めの良さはすこぶる優秀です。
おばちゃんのPCはスペックがかなりしょぼいので、遠景などは非常に残念な出来ですが、それでも雲の流れる様子や、実際に登ったことのある山々の稜線、遠くにかすんでみえる砦や遺跡などを眺めていると、時間がたつのを忘れて見入ってしまいます。
かなり距離がありますが、ここからでもホワイトランの街の構造がよく見えます。
ホワイトランを一望
しかしホワイトランは本当にいい場所にありますよね。
これだけだだっ広い平野と豊かな水源に恵まれていれば、土地を開墾するのも他のホールドよりはグンと楽そうですし、気候的にも北国にしては温暖で過ごしやすそうです。
スカイリムの中央に位置しているというのもポイントが高いですしね。
ガルマル氏が、ことあるごとに、早くホワイトランを攻めようとせっつくのも、当然です。
ホワイトランの城門の手前で、バトル・ボーンの若奥さんに会いました。
ラーズ・バトル・ボーンのお母さん
ようやくホワイトランに到着したのですが、ちょうど街から出てきたらしい、バトル・ボーン一家のアルフギルドさんとすれ違いまして、挨拶がてら立ち話をいたしました。
ちなみに彼女はあの、苛められっ子のバトル・ボーンの坊や、ラーズ君のお母さんです。
彼女のお喋りを何気なく聞いていたら、「息子のラーズは殴られて気を失っているの。なんと女の子にやられたのよ」とか言うので、笑ってしまいました。
アムレンさん家のお嬢ちゃんは、暴力、恐喝、なんでも来いですね。
孤児になっても、あの娘なら逞しく一人で生きていけそうです。

そんな笑える雑談の最中、アルフギルドさんが急に「ジョンが死んだ」とか言ったような気がして……「ええ?」と驚いてしまいました。
不意打ちで半分聞き流してしまったので、もう一度言ってもらおうと、しばらく待ってみましたが、同じことをなかなか言ってはくれません。
この手の、挨拶用の会話として用意されているセリフは、一度発生するとしばらく時間を置かないと繰り返してはくれないんですよね。
仕方ないので、アルフヒルドさんの後について、一緒にバトル・ボーン農場まで行くことにしました。かなり寄り道になっちゃいますが、気になるので確かめずにはいられません。
ようやく真相を聞くことができました。 ジョン・バトル・ボーンの死?
話を聞いてみると、「私の兄弟のジョンは大学に入って戦争を避ける権利があるの」とジョンが生きている?ようなセリフも言うんですが、「その機会を得る前に死んでしまった」……とか言うんですよね。どっちが、条件フラグの設定ミスかしら?

ちなみに彼女の兄弟のジョンというのは、ベレソアさんのお店の前の柱に腕を組んでもたれかかり、日がな一日、マーケットの様子を眺めている人です。
宿屋「バナード・メア」の吟遊詩人ミカエル君を嫌っていて、けちょんけちょんに罵ったりもしています。
彼は吟遊詩人大学に行きたいのに親に反対されて行けないでいるらしいのですが、もうイイ年してるんだから親の意向なんて気にせず、自分でお金貯めて勝手に行けばいいのに…と思います。それとも、ああ見えて、実は成人前の若造だったりするのかしら。
しかしそんな彼が……死んだなんて……
だいたいあの未来の吟遊詩人さんは、昼間は市場でぼーっとしてるだけ、夜はバナード・メアで飲んだくれているだけなのに、何が原因で命を落としたのでしょう。
彼が命を落とすような事態が発生(街中にドラゴン襲来とか)したのだとしたら、他の人達にもかなり被害が出ているような気がするんですけど。
呆然としてたら、いつの間にか仲間が農場の労働にいそしんでいました。
農場でお手伝い
畑まで一緒になって耕しているとは……感心感心。
ちなみにこのセーブデータのホワイトランではすでに、ペラジア農園の人と戦乙女の炉のエイドリアンさんが、お亡くなりになっていたりします。
Dawnguardの吸血鬼の襲撃に巻き込まれてしまいまして……おまけにセラーナちゃんか、敵の吸血鬼か、どちらの所為かはわかりませんが、気が付いたら灰になっていました(涙)
また犠牲者が出ちゃったのか…と、すっかり気落ちしてホワイトランに向かったのですが、ベレソアさんの店の前をふと見ると……死んだ筈のジョンがいました。
なんだ、ピンピンしてるじゃないですか……心配して損をしました。
生きてるじゃないですか
こんなヒマそうにしてる人でも、ホワイトランの人口が減っちゃうのは寂しいので、本当に生きていてくれて良かったです。この人が死んだら哀しむ人もいるでしょうし。
そういえばナゼームさんの奥さんも、ナゼームさんはぴんぴんしてるのに、旦那さんが死んでしまった時みたいなセリフを言うんですよねえ……
CKで原因を調べてみたら、案の定フラグの設定ミスだったんですが、こういう言い間違いはドキっとするからやめていただきたいものです。
さて、ようやく、ホワイトランのタロス様にお目見えです。
ホワイトランのタロス像
そういえば、バトル・ボーン農場に寄り道している間に、すっかり良いお天気になりました。
こちらのタロス様は、おそらくこのゲーム中で最もユーザーに親しまれている、スカイリムで一番有名なタロス様なんじゃないかと思います。
このタロス像の前には、お供え物とかユニーク武器みたいな奉納品は何もありませんが、365日、雨の日も雷の日も、朝早くから演説しているホワイトラン屈指の名物男がいます。
ある意味、そのうるさい彼がこのタロス像のお供え物です。

この風地区の広場前にあるタロス像は、人と待ち合わせするのに、ちょうど良い格好の目印になりそうな感じなのですが、四六時中うるさい人がいるので、残念ながらデートの待ち合わせなどで、ここを利用するのはやめておいた方がよさそうです。
ギルダーグリーンの樹の周囲に置かれているベンチも、カップルには格好のスポットだと思うんですが、たまに夜中になっても演説をやめないうるさい人がいるので、落ち着いていちゃいちゃはできないと思います。ほんと、大迷惑ですね。
せっかくなので、うるさい人のおうちにお邪魔しようと思います。
ヘイムスカー家に訪問
風地区の広場に面する建物は、キナレス聖堂、ジョルバスクル、名門グレイ・メーン家……と、ホワイトランの街に古くから存在する由緒ある名所ばかりです。
その中にどうしてヘイムスカー氏のお宅がまぎれているのか……
実はヘイムスカーって、グレイ・メーン家と同じくらい、ホワイトランに古くからいた由緒ある一族の末裔だったりするのでしょうか。
まあ、おうちはボロいあばら家ですけどね。
ちなみにこのあばら家は、内戦のホワイトラン攻防戦で、無残に崩壊します。 ヘイムスカー家の悲劇
内戦クエストをクリアしたセーブデータを引っ張り出して、撮影してみました。
こうして見ると、おうちの屋根の煙出し?の部分にちょうど砲撃が直撃しちゃった様子ですね。
家自体は半壊と呼ぶほど壊れていないように見えるのですが、玄関の戸口の周りに瓦礫が崩れて山になってしまっているので、家の中には入れない状態です。
このため、ホワイトラン攻防戦後は、盗賊ギルドのお仕事でヘイムスカー氏の家を指定されると、クリアできなくなってしまうとか。
ちなみにお家がこんなになっちゃった後、ヘイムスカー氏はどこで寝泊りするのかというと……こんな場所↓でテント生活をすることになります。
ホワイトラン攻防戦後のヘイムスカー家
タロス様の近くからは意地でも離れないところが、彼らしいですね。
しかしこのテント、ちょっと見にはみすぼらしい感じがしますが、地べたに直接触れないように、しっかりとした高床が張ってあったりして、手が込んでいます。
もしかすると街の人が可哀想に思って、ヘイムスカー氏のために、ボランティアで作ってあげたのかもしれません。
うるさいけど人畜無害なので、ホワイトランの街の人からは意外と街の名物男として愛されているのかもしれないですね。
野ざらしですが、住み心地は悪くなさそうです。
ヘイムスカーのテント
さて、ヘイムスカー氏の破壊前のご自宅を拝見したいと思いますが……彼のおうちは下図のようにパブリックなスペースと、個人的なプライベートなスペースに分かれています。
まあ、スペース、と言っても、家全体で12畳くらいしかない小さな家なんですが。
ヘイムスカー家の間取り
パブリックなスペースは、こんな風に学校の教室みたいに椅子が4つ並んでいます。
奥のスペースは演台として使用するのか、ちょっとした段差がついていて、ステージみたいに仰々しく照明用の燭台なども配置されています。
私設タロス集会所
おばちゃんは、初めてこのお家の様子を見た時、可笑しくて可笑しくて仕方がありませんでした。
ヘイムスカー氏は、表でタロスについて熱く語るだけでなく、自分の家にもタロスのお説教を聞くことのできるスペースを設けて、人々に布教しようとしていたんですねえ。
ホント、熱心ですよね、彼は。
しかし、こんなに準備万端に自宅を改造してるのに、誰も来たことが無さそうなのが、哀れでなりません。
友達もなあ……タロスくらいしか、いなさそうだもんなあ。
ヘイムスカー氏の念願のタロス日曜学校を開いてみました。
タロス日曜学校
なんか大の男が揃って学校ごっこをしている感じが拭えませんが……これがヘイムスカー氏の夢見ていたタロスの自宅集会の光景です。
こんな風に、狭い自宅がタロスの熱心な信者でいっぱいになることを夢見て、彼は表に出て声を張り上げていたのかもしれませんねえ。
誰か彼の話に興味を持ってくれたら、「うちに来ませんか?」と誘うために。
そう思うと、彼の望みは、タロスの信仰を広めたい…というより、タロスの話で盛り上がれる友達が欲しかっただけ、みたいな気がしてきます。
それにしてもこの家にむやみに置かれている頭蓋骨は何なのでしょう。
説教師ヘイムスカー
ヘイムスカー氏が、信者の代わりに、ぬいぐるみ感覚で話しかけていたんでしょうか。
誰も聞いている人がいないと、演説するのも空しいですしね。
この家の頭蓋骨たちは、あまりおどろおどろしい感じはせず、初めてのお客様を我が家に迎えて緊張気味のヘイムスカー氏を励ましているように見えました。
…そういえば、ヘイムスカー氏の猿轡を外してあげるのを忘れていたわ。
どうりで静かだと思いました。
猿轡を外すと、やっぱりうるさいです。
おもてなし料理
初めてのお客に手料理をふるまう気マンマンで鍋をかき混ぜているヘイムスカー氏。
悪いけど、キミの家は狭すぎるので、今夜はブリーズホームに泊まるつもりです。
そういえば一人暮らしなのに、ヘイムスカーの家には、複数個のゴブレットとお皿が棚の上の方に置かれていました。
お客様が来た時におもてなしをするために、わざわざ用意してあるのかもしれません。
全然使われていなくて、ホコリをかぶっていそうなのが、せつないのですが……
こちらはプライベートなスペース。
一人ごはん
うちのヘイムスカー氏はここで一人でご飯食べてたのかなあ……。
ちなみにヘイムスカーはデフォルトの設定では、午後八時に演説を終了して、その後はどうやらバナード・メアにご飯を食べにいくようなのですが、おばちゃんの環境では、彼がバナード・メアにいるところを一度も見たことがありません。
うちのヘイムスカー氏(もちろんフォロワーにする前の状態です)は、演説を終了すると、自分の家に入っていって出てこないんですよね。
よっぽど内気な性格なんでしょうか。

【追記】よくよく見たら、ヘイムスカーがバナード・メアに出かけるAIパッケージは、彼の新しい家(テント)のマーカーの出現と条件付けされていました。
ヘイムスカー氏はホワイトラン攻防戦後、自宅が壊されてから初めて、バナード・メアにご飯を食べにいくようになるみたいですね。
もっともこのバナードメアでくつろぐパッケージは、時間設定にミスがあって、一晩中どころか一日中バナードメアに居座るという設定になってしまっているようなんですけど。
(つまり…テントでは寝ない?)
ベッドの下には、思わせぶりに本が一冊、落ちていました。
ヘイムスカーのオカズ本
やや、これはもしかするとエッチな本かしら?……と期待して見てみたら、「神々と崇拝について」という固いタイトルの書物でした。
これもヘイムスカーらしいというか何というか……こういうのを寝る前に読んでいるから、ああいう人になっちゃったんでしょうね。

小さな家の三分の二の空間を、いつか来てくれるかもしれない信者のためのスペースとして用意して、自分は残りの狭苦しい部屋の片隅で、黙々と生活するヘイムスカー氏。
ストイックなのか、ぼっちなだけなのか、よくわかりませんが、この家での孤独な生活を想像すると、胸がしめつけられます。
でも今は、これ以上ないくらいタロス大好きな人達と一緒に旅しているので、寂しくはないですよね!……皆が「友達」と思ってるかどうかは謎ですが。
そんなわけで今回のタロスお遍路の旅は、ホワイトランからお送りしました。
タロスお遍路・三番札所
【アクセス】ホワイトラン城門前より、徒歩20分。
コンソールご利用の場合は、「coc WhiterunWindDistrict03」→「player.moveto 000E6C6D」

タロス像はホワイトラン風地区の広場にあります。場所がよく分からない場合は、街の人にタロス像、もしくはギルダーグリーンはどこか、とお尋ねください。
タロスについて興味を持たれた方もそうでない方も、ぜひ、タロス像の前で演説している、うるさい男性に話しかけてみてください。ものすごく喜びます。
なお、こちらの男性は、タロスへの寄付は一切受け付けておりませんが、内戦クエストが進んでホワイトランが戦場となった後は、近くのテントで避難生活を送っておりますので、パンや衣類など差し入れしていただけると大変助かります。



9 件のコメント:

  1. ヘイムスカーの家なんて入ったことなかったのでおもしろかったです。何度も足を運んでるホワイトランなのに、おばちゃんのレポートですごく新鮮に感じました。巡礼の旅続編期待してます!!

    返信削除
    返信
    1. ヘイムスカーのおうち……通常だと不法侵入になってしまうかとは思いますが、
      ぜひ実際に見てみてください。本当に笑えますよ。
      でも、おうちが破壊されてもちゃんと代わりの住処を用意してもらえるあたり、
      彼はベセスダの開発陣にも気に入られてるんだろうなあと思います。
      ここまで愛されているのなら、ヘイムスカーがらみのクエストなども、
      ひとつくらい欲しかったですよね。
      (ランダムクエストで誘拐はされるみたいですが……)

      削除
  2. へぇ~!
    ヘイムスカーさん、バナード・メアで御飯食べるんですか!
    残念ながら私も彼と、一度も一緒に酒を酌み交わした事がありません。
    バナード・メアの人たちとの絡みセリフがすごく気になります...

    でも、バナード・メアで演説AIが炸裂してたらすごく嫌だな~・・・

    返信削除
    返信
    1. やっぱり、バナード・メアでは彼を見かけたことないですよね?
      私もずっとヘイムスカーはどこにも行かないのかと思っていたんですが、検索すると、
      演説の終わった後、バナードメアに行く、という方が何人かいらっしゃるのを
      見つけまして……CKで見てみたら、確かにバナードメアでくつろぐAIパッケージが
      設定されているんです。
      特に条件指定もないので、本来は外にご飯に食べに行くのがデフォルトの仕様だと
      思うんですけど……謎です。

      削除
  3. 初めまして!1年近く360版でプレイし最近PC新調しPC版に移行した者です。
    MOD自作の為色々参考にさせて頂いてます(感謝♪)

    ヘイムスカーさんの件、360版の話になるので参考にならないかもしれませんが一応・・・

    内戦クエをストームクローク側で進めホワイトラン戦後、件の家が破壊されるとバナード・メアへ行くようになりましたよ

    クエ進めるとAI切り替わるのでしょうかね

    彼の陽気な姿を見ることが出来ました 長文失礼しました~

    返信削除
    返信
    1. あー、わかりました!私がAIパッケージの条件を見誤ってただけでした。
      仰るとおり、演説後にバナード・メアに行くAIは、彼の新しい家(つーかテント)
      を出現させるためのマーカーに条件づけされていました。
      彼の行動パターンは、料理できるおうちが無くなっったら、外に食べに行く……
      というルーチンだったのですね。
      (もしかしたら家を破壊されて…のヤケ酒かも知れませんが)
      謎が判明してすっきりしました。
      教えていただいてどうも有難うございます!

      削除
  4. はじめまして!pc版のスカイリムの情報など調べていたところ、おばちゃん様のブログに巡り会いました。
    こんなに、最初から最後までちゃんと読みたくなるブログに出会えたのは初めてのことで、とてもうれしいです。
    ps3版で わたしは、ヘイムスカー氏はよくスリの練習相手にしていたのですが、わたしもおばちゃん様のようにいつかフォロワーとしてかわいがりたくなってきました。
    タロス巡礼の旅、これからも楽しみにしております♪

    ところで、質問なのですが、ヘイムスカー氏に装備させている猿轡のmod?の配布の予定はありますでしょうか?

    少し前の記事にコメントしちゃってすみません。

    返信削除
    返信
    1. ヘイムスカーって、ノルドの割にひょろっとスリムな体型なせいか、
      もやしっ子みたいな感じがして、そこがまた可愛いんですよね。
      まあ、黙ってる場合に限りますが。(演説してると非常にウザいです)
      ぜひお供にして、彼のけなげな勇姿を愛でてやって下さい。

      猿轡でしたら、下記のようなModがありますので、これでプレイヤーや
      他のキャラも装備できるようになるんじゃないかと思います。

      Ulfrics Gag
      http://skyrim.nexusmods.com/mods/16416

      ちなみにこの猿轡は「サークレット」扱いですので、ヘイムスカー氏に
      装備させるには、彼が着ているフード付き僧兵のローブをCKで弄って、
      サークレットのスロット無しの状態に変えてやらないと、フード付きの
      ローブとは一緒に装備できないです。

      まあ、フード無しの装備に変更すればいいだけなんですが……
      でも出来ましたら、ヘイムスカー氏のフードは取らないであげて下さいねw

      削除
  5. こんばんは、二度目の書き込みで匿名も失礼かと思い 名乗らせて頂きました。

    猿轡の配布先を教えて下さってありがとうございます!
    おばちゃん様のように これをつけているときだけ静かにしてもらえるように設定すれば、ヘイムスカー氏以外の人でも使える便利なアイテムですね。

    でも出来ましたら、ヘイムスカー氏のフードは取らないであげて下さいねw
    >そうですね、フードも演説も顔もひっくるめてヘイムスカー氏の魅力ですものね。がんばって勉強して、両方装備できるようにしてあげたいと思います。

    返信ありがとうございました^^

    返信削除